古くから朝廷へ食材を提供し、都の食文化を支えてきた若狭の国。
特に若狭湾で水揚げされる魚介類は、京の都では最高級食材として珍重され、「御食国」と呼ばれていました。
食材の一つである鯖が京の都へと運ばれた道を「鯖街道」と呼び、この起点が小浜です。
古代から日本人の食にかかせないお箸。
若狭塗箸は、日本の塗箸のなんと80%以上の生産量を占めています。
私達の誇り「御食国」若狭小浜から、苅田産業が本物のお箸をお届けします。